出典:デジタル大辞泉(小学館)

キハダニガキなどの木皮の煎 (せん) じ汁を濃縮して干した薬。きわめて苦く、腹痛に用いる。僧が陀羅尼を誦するとき眠けを防ぐために口に含んだという。吉野の大峰山から全国に普及した。だらすけ。