出典:デジタル大辞泉(小学館)

Cattedrale di Taranto》イタリア南部、プーリア州の都市タラントの旧市街にある大聖堂。正式名称はサンカタルド大聖堂。タラントの守護聖人カタルドを祭る。10世紀の創建。11世紀から12世紀にかけてロマネスク様式で再建され、17世紀から18世紀にかけてバロック様式の装飾が施された。内部には創建当初から残るビザンチン様式のモザイクが残っている。