出典:デジタル大辞泉(小学館)

[助動][たら|たり|たり|たる|たれ|たれ]《完了の助動詞「つ」の連用形に動詞「あり」の付いた「てあり」の音変化》ラ変以外の動詞、および動詞型活用の助動詞の連用形に付く。
  1. 動作・作用の継続・進行を表す。…ている。…てある。

    1. 「おもしろく咲きたる桜を長く折りて」〈・四〉

  1. 動作・作用が完了し、その結果が状態として存在する意を表す。…た。…ている。…てある。

    1. 「くらもちの皇子 (みこ) おはしたり、と告ぐ」〈竹取

  1. 動作・作用が完了する意を表す。…た。…てしまう。

    1. 「春風に一もみ二もみもまれて、海へさっとぞ散ったりける」〈平家・一一〉

[補説]中世以降は、他の完了の助動詞「つ」「ぬ」「り」および過去の助動詞「き」「けり」などの用法をしだいに吸収し、「たる」を経て現代語の「た」に引き継がれる。→