出典:デジタル大辞泉(小学館)

文語形容動詞の活用形式の一。「堂々たり」「平然たり」などのように、終止形の語尾が「たり」の形をとるもの。元来、「堂々と」「平然と」などの形が動詞「あり」に結びついた「堂々とあり」「平然とあり」の音変化したもので、「たら・たり(と)・たり・たる・たれ・たれ」と変化する。語幹はほとんどが漢語。口語では、「堂々と」「堂々たる」の形で残存するが前者は副詞、後者は連体詞として扱う。なお、本辞典では、この類を[ト・タル]と表示。→ナリ活用