出典:デジタル大辞泉(小学館)

襟 (えり) を肩から胸の左右に垂らし、引き合わせて着用すること。直垂 (ひたたれ) 素襖 (すおう) などの方領 (ほうりょう) はこの形式。水干 (すいかん) 盤領 (まるえり) であるが、鎌倉時代のころから襟を折り込んで垂領に着る着用法が普通となった。→盤領 (あげくび)