出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《頭を垂れ伏して、の意か》ねんごろに。
  • 「法皇の御事を―申されければ」〈平家・四〉