出典:デジタル大辞泉(小学館)

垂木の配置法。垂木間の空きの広狭により本繁 (ほんしげ) 割り・吹き寄せ割り・疎 (まばら) 割りなどがある。