出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)Bodhidharmaの音写、菩提 (ぼだい) 達磨の略》

中国禅宗の始祖。インドのバラモンの出身と伝え、6世紀初め中国に渡り、各地で禅を教えた。嵩山 (すうざん) の少林寺面壁九年の座禅を行ったという。達磨大師。円覚大師。生没年未詳。→達磨忌
  1. 達磨大師の座禅の姿にまねた張り子の人形。手足がなく、紅衣をまとった僧の形で、底を重くして、倒してもすぐ起き上がるように作る。商売繁盛・開運出世などの縁起物とされ、最初に片目だけ入れておき、願いごとのかなった時、もう一方の目をかきこむ風習がある。

  1. 丸いもの、赤いものなど1の形に似たものの称。「雪達磨」「火達磨」

  1. 売春婦。寝ては起き寝ては起きするところからいう。「達磨茶屋」

出典:青空文庫

出典:gooニュース