出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 部屋の出入り口などに垂れ下げた布。平安時代には、帳 (とばり) の役もした。

    1. 「湯殿の―をときおろして」〈宇治拾遺・三〉

  1. 看板がわりに店に垂れ下げるのれん。

    1. 「下京に目くすしあり。―に、金こ目くすりやとあり」〈咄・きのふはけふ・上〉