出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ下一][文]た・る[ラ下二]
    1. ㋐ひと続きのものの端が下の方へ低く、力なく下がる。また、一部分が下がった状態で位置する。「電線が―・れる」「雲が低く―・れる」「目じりが―・れている」

    2. ㋑水などが何かをつたって少しずつ落ちる。しずくとなって下に落ちる。したたり落ちる。「水が―・れる」「よだれが―・れる」

    1. ㋐ひと続きのものの端を下の方へだらりと下げる。たらす。「釣り糸を―・れる」「首を―・れる」

    2. ㋑目上の者が目下の者に示したり、与えたりする。「教えを―・れる」「恵みを―・れたもう」

    3. ㋒のちのちまで残す。「名を後世に―・れる」

    4. ㋓(「放れる」とも書く)大小便や屁 (へ) などをする。排泄 (はいせつ) する。「寝小便を―・れる」

    5. ㋔「言う」を卑しめていう語。「文句を―・れる」

  1. 「剃る」の忌み詞。また、刃物がよく切れる。

    1. 「あんまりよい月影に額―・れうと思うて」〈浄・重井筒

    2. 「鋏 (はさみ) をくれる筈ぢゃが、―・るるかしらぬ」〈浮・一代男・一〉