出典:デジタル大辞泉(小学館)

違っているようにみえても結果は同じことの意。江戸時代、寛政(1789~1801)末から文化(1804~1818)年間にかけての流行語。駕籠かきの太郎兵衛が泥酔して駕籠に乗ったが、底を抜いてやはり歩かねばならなかったという故事から出たという。「太郎兵衛歩 (あゆ) びやれ」「太郎兵衛駕籠歩びやれ」ともいう。

「やっぱり―だ。しかたがねえ」〈滑・続膝栗毛・五〉