出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. だんだらに染め分けた糸で組んだり織ったりしたもの。白地に横縞模様が表れる。赤緂・紫緂などがあり、太刀の平緒や馬の手綱などに用いられる。

  1. 初め白くしだいに濃い色にしたもの。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉