たん‐か【担架】例文一覧 5件

  1. ・・・するとどこからか河童が二匹、担架を持って歩いてきました。僕はこの担架にのせられたまま、大勢の河童の群がった中を静かに何町か進んでゆきました。僕の両側に並んでいる町は少しも銀座通りと違いありません。やはり毛生欅の並み木のかげにいろいろの店が日・・・<芥川竜之介「河童」青空文庫>
  2. ・・・ 瞬く間に水、焼酎、まだ何やらが口中へ注入れられたようであったが、それぎりでまた空。 担架は調子好く揺れて行く。それがまた寝せ付られるようで快い。今眼が覚めたかと思うと、また生体を失う。繃帯をしてから傷の痛も止んで、何とも云えぬ愉快・・・<著:ガールシンフセヴォロド・ミハイロヴィチ 訳:二葉亭四迷「四日間」青空文庫>
  3. ・・・ 脚や内臓をやられて歩けない者は、あとから担架で運ばれてきた。「あら、君もやられたんか。」大西は、意外げに、皮肉に笑った。「わざと、ちょっぴり怪我をしたんじゃないか?」「…………。」 腕を頸に吊らくった相手は腹立たしげに顔を・・・<黒島伝治「氷河」青空文庫>
  4. ・・・彼等が担架に乗せるとて血でぬる/\している両脇に手をやると、折れた骨がギク/\鳴った。「まだ生きとる。」 監督は念を押して、繰かえした。 三ツの屍は担架に移された。それから竪坑にまでかついで行かれ、一ツ/\ケージで、上に運びあげ・・・<黒島伝治「土鼠と落盤」青空文庫>
  5. ・・・それから暗い部屋に外科医と一緒に閉じこもるキュリー夫人の前に、うめく人を乗せた担架が一つ一つと運び込まれ、彼女の活動は幾時間も続くばかりか、時によれば数日費された。負傷者の来る限りマリアはその暗い部屋から出ずに働き続けた。 二十台の「小・・・<宮本百合子「キュリー夫人」青空文庫>