出典:デジタル大辞泉(小学館)

Dunkeld Cathedral》英国スコットランド中部の町ダンケルドにある大聖堂。アイオナ島から移した聖コロンバの遺骨を納めた修道院に起源する。13世紀中頃から16世紀初頭にかけて建造され、ゴシック様式とノルマン様式が混在する。17世紀末のダンケルドの戦いで半分が廃墟となったが、残った部分は現在もスコットランド教会の教区教会として利用されている。