たん‐こう〔‐クワウ〕【探鉱】例文一覧 1件

  1. ・・・(今頃探鉱嘉吉は豆の餅を口に入れた。音がこちこちまた起った。(この餅拵えるのは仙台領嘉吉はもうそっちを考えるのをやめて話しかけた。おみちはけれども気の無さそうに返事してまだおもての音を気にしていた。(今日はちょっとお訪門口で若い水々・・・<宮沢賢治「十六日」青空文庫>