たん‐さん【炭酸】例文一覧 12件

  1. ・・・(彼はそれから半年ほど後、天然痘に罹僕等は明るい瑠璃燈の下にウヰスキイ炭酸を前にしたまま、左右のテエブルに群った大勢の男女を眺めていた。彼等は二三人の支那人を除けば、大抵は亜米利加人か露西亜人だった。が、その中に青磁色のガウンをひっかけた女・・・<芥川竜之介「彼 第二」青空文庫>
  2. ・・・だから人間でも脇腹か臍のへんに特別な発声器があってもいけない理由はないのであるが、実際はそんなむだをしないで酸素の取り入れ口、炭酸の吐き出し口としての気管の戸口へ簧を取り付け、それを食道と並べて口腔に導き、そうして舌や歯に二役掛け持ちをさせ・・・<寺田寅彦「自由画稿」青空文庫>
  3. ・・・朝夕水を用いてその剛軟を論じながら、その水は何物の集まりて形をなしたるものか、その水中に何物を混じ何物を除けば剛水となり、また軟水となるかの証拠を求めず、重炭酸加爾幾は水に混合してその性を剛ならしめ、鉄瓶等の裏面に附着する水垢と称するものは・・・<福沢諭吉「物理学の要用」青空文庫>
  4. ・・・「先生、気層のなかに炭酸ガスがふえて来れば暖かくなるのですか。」「それはなるだろう。地球ができてからいままでの気温は、たいてい空気中の炭酸ガスの量できまっていたと言われるくらいだからね。」「カルボナード火山島が、いま爆発したら、・・・<宮沢賢治「グスコーブドリの伝記」青空文庫>
  5. ・・・水を呑んでも石灰の多い水、炭酸の入った水、冷たい水、又川の柔らかな水みなしずかにそれを享楽することができるのであります。これらは感官が澄んで静まっているからです。ところが感官が荒さんで来るとどこ迄でも限りなく粗く悪くなって行きます。まあ大抵・・・<宮沢賢治「ビジテリアン大祭」青空文庫>
  6. ・・・「いや、わたしたちはね、酒は呑まないんだから炭酸水でもおくれ。」「炭酸水はありません。」給仕が云いました。「それならただの水をおくれ。」わたくしは云いました。 どういうわけかみんなしいんとして穴の明くほどわたくしどものことば・・・<宮沢賢治「ポラーノの広場」青空文庫>
  7. ・・・ロシアのひどく炭酸ガスを出す木炭の入った小箱がある。柵があって中に台つきコップ、匙などしまってある。車掌は旅客に茶を出す。小型変電機もある。壁に車内備付品目録がはってあるのを見つけた。 ――モスクワへ帰るとみんな調べうけるんですか?・・・<宮本百合子「新しきシベリアを横切る」青空文庫>
  8. ・・・生活力があふれ、人生の現実に充ち各行が何かを語り、紛糾の深味が次々へと、新鮮な炭酸水のように活気横溢してみなぎっている。 ヨーロッパ文学においてもバルザックの散文の強壮さは失われた。大戦後は散文は神経腺のようなものになり、さもなければ破・・・<宮本百合子「バルザックについてのノート」青空文庫>
  9.  時砲の玉みたいな製鉄炭酸瓦斯管が立って居る。水色エナメルの変圧器の上に日光がさした。その日光は窓枠の上に雑然と置かれたシクラメンの葉ばかりの鉢や、酸づけ玉菜の瓶をも照して居る。エミール・ヤニングスが世界的映画「リエテ」の中・・・<宮本百合子「無題(七)」青空文庫>
  10. ・・・学生は料理屋へ大晦日の晩から行っていまして、ボオレと云って、シャンパンに葡萄酒に砂糖に炭酸水と云うように、いろいろ交ぜて温めて、レモンを輪切にして入れた酒を拵えて夜なかになるのを待っています。そして十二時の時計が鳴り始めると同時に、さあ新年・・・<森鴎外「かのように」青空文庫>
  11. ・・・部屋には炭酸瓦斯が溜り出した。再び体温表が乱れて来た。患者の食慾が減り始めた。人々はただぼんやりとして硝子戸の中から空を見上げているだけにすぎなかった。 こうして、彼の妻はその死期の前を、花園の人々に愛されただけ、眼下の漁場に苦しめられ・・・<横光利一「花園の思想」青空文庫>
  12. ・・・そこでは吐き出された炭酸瓦斯が気圧を造り、塵埃を吹き込む東風とチブスと工廠の煙ばかりが自由であった。そこには植物がなかった。集るものは瓦と黴菌と空壜と、市場の売れ残った品物と労働者と売春婦と鼠とだ。「俺は何事を考えねばならぬのか。」と彼・・・<横光利一「街の底」青空文庫>