出典:デジタル大辞泉(小学館)

和紙の一。楮 (こうぞ) を原料とし、縮緬 (ちりめん) 状のしわがある上質の和紙。大きさによって大高・中高・小高に分けられ、文書・表具・包装などに用いられる。平安時代には陸奥から良質のものが産出されたので陸奥紙 (みちのくがみ) ともいった。さらに古くは、檀 (まゆみ) を原料としたので、真弓 (まゆみ) 紙とも書かれた。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉