出典:デジタル大辞泉(小学館)

胆汁の主成分の一。肝細胞でコレステロールから合成され、脂肪酸乳化する働きをする。腸内で大部分は再吸収され、肝臓に戻る。