出典:デジタル大辞泉(小学館)

胆汁の主成分の一。ヘモグロビン代謝産物で、ビリルビンという黄褐色の色素。糞便の色はこれによる。血清中に過剰に存在する状態が黄疸 (おうだん)