出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 律令制で、非違の取り締まり、風俗の粛正などをつかさどった役所。検非違使 (けびいし) が置かれてからは形骸化した。ただすつかさ。

  1. 明治2年(1869)太政官制下に設置された警察機関。同4年、司法省に合併。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉