たんしょう‐とう〔タンセウ‐〕【探照灯】例文一覧 1件

  1. ・・・そうしてどこからか一筋の日光が射して来ないかしらんという希望よりも、こちらから探照灯を用いてたった一条で好いから先まで明らかに見たいという気がしました。ところが不幸にしてどちらの方角を眺めてもぼんやりしているのです。ぼうっとしているのです。・・・<夏目漱石「私の個人主義」青空文庫>