出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「だんせん」とも》中世、即位・内裏修理・寺社造営・将軍宣下 (せんげ) などに際し、朝廷・幕府などがその費用に充てるため、臨時に諸国の田地から段数に応じて徴収した金銭。室町時代以後、恒常化した。