出典:デジタル大辞泉(小学館)

折に触れて浮かんでくる断片的な考え。また、それを記したもの。「断想を綴る」