出典:デジタル大辞泉(小学館)

白檀 (びゃくだん) ・栴檀 (せんだん) などを用いて作った彫像。平安時代に多くみられる。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉