出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代の年貢徴収方法の一。租率を定めないで1反当たりの年貢の高を決め、それに面積を掛けて算定する方法。関東で多く行われた。→厘取り

出典:青空文庫

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉