出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎌倉時代の法語集。1巻。著者を親鸞 (しんらん) の弟子の唯円 (ゆいえん) とする説が一般的。親鸞没後に成立。浄土真宗の聖典で、18条からなり、前の10条は親鸞の法語、あとの8条は親鸞没後の末徒の異義への批判を所収。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉