• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

だん‐ぱつ【断髪】 の意味

  1. [名](スル)
  1. 髪を切ること。長髪を短く刈ったり、髷 (まげ) を切り落としたりすること。
  1. 髪を首筋のあたりで切りそろえた女性の髪形。昭和初期に流行。ボブスタイル。

だん‐ぱつ【断髪】の慣用句

  1. だんぱつしき【断髪式】
    • 力士が引退または廃業するときに、髷(まげ)を切る儀式。
  1. だんぱつれい【断髪令】
    • 明治4年(1871)に公布された男子結髪廃止の布令。
  • だん‐ぱつ【断髪】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・しかし女の断髪は勿論、パラソルや踵の低い靴さえ確に新時代に出来上っていた。

      芥川竜之介「蜃気楼」

    • ・・・すると向うから断髪にした女が一人通りかかった。

      芥川竜之介「歯車」

    • ・・・その頃女の断髪が流行したので、椿岳も妻女の頭髪を五分刈に短く刈らして、客が来ると紹介していう、これは同庵の尼でございますと。

      内田魯庵「淡島椿岳」