出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. で、1曲の中心となる謡いどころ・舞いどころ・囃子 (はやし) どころのうち、クセ狂いなどのような定型に属さないもの。「熊野 (ゆや) 」の文 (ふみ) の段など。

  1. 浄瑠璃で、各段のうちの有名または特殊な一段。道行 (みちゆき) 景事 (けいごと) などを集めたものを「段物集」という。

  1. 常磐津 (ときわず) 新内などで、義太夫節の一段または一部を借りて語る曲。⇔端物 (はもの) 

  1. 常磐津・清元長唄などで、語り物的な、または劇的構成をもった長編の曲。また、それを地とする舞踊。⇔端物

  1. 箏曲 (そうきょく) で、1曲が数段で構成されている器楽曲。また、その形式。「六段」「八段」など。調べ物。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉