出典:デジタル大辞泉(小学館)

大坂の西山宗因を中心に延宝年間(1673~1681)に盛行した俳諧の一派。また、その俳風。貞門一派の伝統的な方式に対し、奇抜な俳風で自由な表現形式をとった。蕉風 (しょうふう) が興るとともに衰退。宗因風。談林派。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉