いと‐ま【暇/×遑】 の意味

  1. 《「いと」は「いとなし」の「いと」で休みの時、「ま」は間の意》
  1. 用事のない時間。ひま。「休む―もない」
  1. 一時的に休むこと。休暇。「三日ほどのお―を乞う」
  1. 職務を離れること。辞職。また、解雇。ひま。「雇い主に―を願い出る」
  1. 離縁。離婚。「妻に―を出す」
  1. (多く「おいとまする」の形で用いる)別れて去ること。また、そのあいさつ。辞去。「―を告げる」「そろそろお―しよう」
  1. 喪に服すること。またそのために出仕しない期間。
    • 「御―になり給ひぬれば、藤壺も夜さり罷 (まか) で給ひ」〈宇津保・国譲上〉
  1. ある物事をするのに空けることのできる時間。
    • 「仮名文見給ふるは目の―いりて」〈・若菜上〉
  1. すきま。ひま。
    • 「谷風の吹き上げにたてる玉柳枝の―も見えぬ春かな」〈夫木・三〉
  • 名詞

いと‐ま【暇/×遑】の慣用句

  1. 暇申す
    • 休暇を取りたいとお願い申し上げる。
      「おほやけには、筑紫の国に湯あみにまからむとて―・して」〈竹取
    • 別れの言葉を申し上げる。
      「―・して、さらばよとて」〈謡・安宅
  1. 暇を取る
    • 主人や夫に願い出て、主従や夫婦の関係を断ち切る。「―・って郷里に帰る」
  1. 暇をやる
    • 使用人などに対し、関係を断つ。ひまをやる。
  1. いとまごい【暇乞い】
    • [名](スル)
    • 別れを告げること。別れの言葉。「故郷に帰りますので暇乞いに参りました」
    • ひまをくれるように願い出ること。「主人に暇乞いする」
  1. いとまぶみ【暇文】
    • 休暇または辞職を願う文書。
      「太政大臣、―出だして参り給はず」〈宇津保・国譲下〉
    • 離縁状。