出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 刑罰に用いる、むち。しもと。

  1. 律の五刑のうち最も軽い刑。むちで打つもの。10打から50打までの五等がある。笞刑。笞罪。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉