出典:デジタル大辞泉(小学館)

釣り針。ちい。

「弟 (おとのみこと) 時に既に兄 (このかみ) の―を失ふ」〈神代紀・下〉