ち‐い【地異】例文一覧 1件

  1. ・・・ これが、二年、三年、あるいは五年に一回はきっと十数メートルの高波が襲って来るのであったら、津浪はもう天変でも地異でもなくなるであろう。 風雪というものを知らない国があったとする、年中気温が摂氏二十五度を下がる事がなかったとする。そ・・・<寺田寅彦「津浪と人間」青空文庫>