出典:デジタル大辞泉(小学館)

権利・義務や、法律関係の存在・不存在を争う「確認の訴え」の一つ。主に民事裁判で争われ、原告の法律的地位について確認する。

[補説]例えば、会社から解雇された社員が解雇事由を不当と考える場合、社員としての地位の確認を求めて訴えることができる。認められれば解雇は無効となり、未払い賃金が支払われる。