出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動]

  1. 容積・面積が狭い空間・場所だけを占めるさま。「字の小さな本」⇔大きな

  1. 数・量が少ないさま。「小さな音で聞く」⇔大きな

  1. 程度が少ないさま。「小さな被害で済む」⇔大きな

  1. 規模がわずかであるさま。また、範囲が狭いさま。「小さな集まりに出る」⇔大きな

  1. 価値や重要性が乏しいさま。「小さな問題」⇔大きな

  1. 年少であるさま。「小さな時からの友人」⇔大きな

    1. 小 (ちい) さい[用法]

[補説]「ちいさな」という連体形だけが用いられる。これを連体詞とする説もあるが、「声の小さな人」のように、述語としても用いられる点が一般の連体詞とは異なる。

出典:gooニュース

出典:青空文庫