いとまき‐ぼら【糸巻×螺】 の意味

  1. イトマキボラ科の巻き貝。岩礁にすむ。貝殻は紡錘形で、殻高約15センチ。全体に褐色で、糸を巻いたようなすじがあり、螺層 (らそう) の肩部がこぶ状にとがる。紀伊半島以南に分布。