出典:デジタル大辞泉(小学館)

Zámek Český Krumlov》チェコ南部の都市チェスキークルムロフにある城館。13世紀に領主ビートコフ家がブルタバ川に臨む崖の上に建造。14世紀にロジェンベルク家、17世紀にエゲンベルク家、18世紀にシュワルツェンベルク家の手に渡り増改築が繰り返された結果、ゴシックルネサンスバロック各様式が混在する大規模な複合建築になった。バロック様式の庭園、ボヘミア国王バーツラフ4世の牢獄として使われた地下室(現在は現代美術の展示室)などがある。1992年に、「チェスキークルムロフ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。