出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 乳児にみられる原因のわからない発熱。昔は知能の発達と関係があると考えられていた。

  1. 俗に、頭を使いすぎたときに起こる熱。

[補説]文化庁が発表した平成28年度「国語に関する世論調査」では、「知恵熱が出た」を、「乳幼児期に突然起こることのある発熱」で使う人が45.6パーセント、「深く考えたり頭を使ったりした後の発熱」で使う人が40.2パーセントという結果が出ている。