出典:デジタル大辞泉(小学館)

おさない皇子・皇女。また、末の宮の意ともいう。

「―いだき奉らむ」〈紫式部日記