いと‐みや【幼宮】 の意味

  1. おさない皇子・皇女。また、末の宮の意ともいう。
  • 名詞