出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 細い糸。糸筋。

  1. 凧 (たこ) の表面につけて揚がりぐあいを調節する糸。

  1. 器物に細く刻みつけた筋。「糸目模様」

  1. 物事をつなげるもの。脈絡。「話の糸目をつなぐ」

  1. 糸歩 (いとぶ) 」に同じ。

  1. 柳の枝。また、その芽立ち。

    1. 「青柳の―も見えず春ごとに春の錦を誰か織るらむ」〈躬恒集

  1. 江戸時代、甲州金の量目の呼称。1両の64分の1。

  1. ゴカイ科の環形動物。浅海の泥中にすむ。体長20~30センチ。体の前部は緑褐色で、中央部は紅色。産卵期は10~12月で、生殖型の個体は、ばち・うきこ・日本パロロなどとよばれる。釣りの餌にする。

出典:青空文庫

出典:gooニュース