出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ワ五(ハ四)]
    1. ㋐比べてみて同じでない状態を呈する。相違する。異なる。「見方が―・う」「習慣が―・う」「―・った角度から見る」

    2. ㋑両者の間に隔たりがある。差がある。また、他と異なってまさっている。「親子ほども年が―・う」「格が―・う」「おつむの出来が―・う」

  1. 前に考えていたことや取り決めたことが現実のそれと同じでない。「話が―・う」「約束と―・う」

  1. 基準となるもの、正しいものと一致しない状態である。まちがっている。「計算が―・う」「答えが―・っている」「『もしもし市役所ですか』『いいえ、―・います』」

  1. 本来の位置からずれたり、正常でない状態になったりする。「足の筋が―・った」「気が―・う」

  1. (動詞の連用形に付いて)すれちがう、交差する、の意を表す。「出迎えと行き―・う」「すれ―・う」

  1. 顔を合わせないようにする。

    1. 「木曽に―・はんと、丹波路にさしかかって播磨の国へ下る」〈平家・八〉

[動ハ下二]ちがえる」の文語形。
[用法]ちがう・[用法]ことなる――「考え方がそれぞれ違う(異なる)人の集まり」「事実と違う(異なる)報道」など、同じではないの意では相通じて用いられる。◇「異なる」は比べてみて同じでないことを表すにとどまるが、「違う」は「約束が違う」「答えが違う」「気が違う」など、あるべきこと・状態から外れることをも言う。「格が違う」「性能が違う」など、一定の水準から隔たりがある場合にも使われる。◇「異なる」は、「異なる二点を通る直線は一本のみである」など、数学用語で用いるほか、「記載の金額と現金内容の異なる場合」など文章語的である。◇類似の語に「相違する」がある。「事実と相違する」などでは相通じて用いられるが、「案に相違する」は「相違する」だけの用法。