あい‐れん【哀×憐】 の意味

  1. [名](スル)悲しみ哀れむこと。ふびんに思うこと。哀憫 (あいびん) 。
  • 名詞
  • あい‐れん【哀×憐】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その代りに、「深く御柔軟、深く御哀憐、勝れて甘くまします童女さんた・まりあ様」が、自然と身ごもった事を信じている。

      芥川竜之介「おぎん」

    • ……深く御柔軟、深く御哀憐、すぐれて甘くまします「びるぜん、さんたまりや」様――――和訳「けれんど」――「ど・・・

      芥川竜之介「黒衣聖母」

    • ・・・が、その眼の中には、哀憐を請う情と共に、犯し難い決心の色が、浮んでいる。

      芥川竜之介「忠義」