出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 馬具の名。鐙 (あぶみ) を下げるために鞍橋 (くらぼね) 居木 (いぎ) と鐙の鉸具頭 (かこがしら) とをつなぐ革。

  1. 近世、鎧 (よろい) の袖の裏面や佩楯 (はいだて) 家地 (いえじ) に、伸び縮みを抑えるためにつけた革。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉