ち‐ぎ【千木】例文一覧 1件

  1. ・・・あの高い森の上に、千木のお屋根が拝される……ここの鎮守様の思召しに相違ない。――五月雨の徒然に、踊を見よう。――さあ、その気で、更めて、ここで真面目に踊り直そう。神様にお目にかけるほどの本芸は、お互にうぬぼれぬ。杓子舞、擂粉木踊だ。二人は、・・・<泉鏡花「貝の穴に河童の居る事」青空文庫>