出典:デジタル大辞泉(小学館)

電波、可視光、赤外線などを捉える各種センサーを搭載し、宇宙から地上や海洋、大気の状態を観測する人工衛星。気象、地下資源、災害状況の調査などに利用される。軍事目的のものはスパイ衛星、気象観測を行うものは気象衛星ともいう。JAXA(宇宙航空研究開発機構)のだいちいぶきしずくなどが知られる。リモートセンシング衛星。