ちくまがわのスケッチ〔ちくまがはの‐〕【千曲川のスケッチ】 の意味

  1. 島崎藤村の随筆小品集。大正元年(1912)刊。千曲川のほとり、長野県小諸 (こもろ) 地方の風土と、そこに生きる人々の生活を寸描したもの。