出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. 針のように先のとがったもので刺すさま。また、そのような痛みを感じるさま。「蜂がちくりと刺す」「首筋がちくりとする」

  1. 人の心を刺激するような物言いをするさま。「ちくりといやみを言う」