あい‐ろ【×隘路】 の意味

  1. 狭くて通行の困難な道。
  1. 物事を進める上で妨げとなるものや条件。支障。難点。ネック。「予算枠が隘路となって計画が中断した」
  • 名詞
  • あい‐ろ【×隘路】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・しかしその谷に当ったところには陰気なじめじめした家が、普通の通行人のための路ではないような隘路をかくして、朽ちてゆくばかりの存在を続けているのだった。

      梶井基次郎「ある崖上の感情」