出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 知ること。認識・理解すること。また、ある事柄などについて、知っている内容。「日々新しい―を得る」「―をひけらかす」「予備―」

    1. 「幸福とは何かと云う事を明細に―して了っている」〈長与竹沢先生と云ふ人

  1. 考える働き。知恵。「―が発達する」

  1. (多く「智識」と書く)仏語。

    1. ㋐仏法を説いて導く指導者。善知識。

    2. ㋑堂塔や仏像などの建立に金品を寄進すること。また、その人や金品。知識物。

    3. ㋒対象を外界に実在すると認める心の働き。

  1. knowledge(ドイツ)Wissen》哲学で、確実な根拠に基づく認識。客観的認識。

出典:青空文庫

出典:gooニュース