ち‐じく〔‐ヂク〕【地軸】例文一覧 3件

  1. ・・・の小説を思いつかせたものは、かの役人のヘラヘラ笑いである。あのヘラヘラ笑いの拠って来る根元は何か。所謂「官僚の悪」の地軸は何か。所謂「官僚的」という気風の風洞は何か。私は、それをたどって行き、家庭のエゴイズム、とでもいうべき陰鬱な観念に突き・・・<太宰治「家庭の幸福」青空文庫>
  2. ・・・測られぬ風の力で底無き大洋をあおって地軸と戦う浜の嵐には、人間の弱い事、小さな事が名残もなく露われて、人の心は幽冥の境へ引寄せられ、こんな物も見るのだろうと思うた。 嵐は雨を添えて刻一刻につのる。波音は次第に近くなる。 室へ帰る時、・・・<寺田寅彦「嵐」青空文庫>
  3. ・・・ この岸壁だけを見ていると、実際天柱は摧け地軸も折れたかという感じが出るが、ここから半町とは離れない在来の地盤に建てたと思われる家は少しも傾いてさえいないのである。天然は実に正直なものである。 久能山の上り口の右手にある寺の門が少し・・・<寺田寅彦「静岡地震被害見学記」青空文庫>